学校の生徒会と役職

学校の生徒会の役職とは

学校の生徒会の役職名は

中学や高校には生徒会が存在し、数名の役員が活動を行っています。役職名はさまざまですが一般的には、会長、副会長、書記長、書記次長、会計長などがあります。学校によっては事務局長や副書記長などの役職名を使用している場合もあります。また各種委員会の委員長も生徒会のグループに含まれる場合もあります。そのために学校によってはかなり大人数の組織となることが多い一方で、逆に少数精鋭の組織として運営されているケースもあります。それぞれ前期と後期に分かれて選挙を行い、全生徒の投票によって選出されますが、立候補者が定数内であった場合は無投票ではなく信任投票が行われることが一般的です。

生徒会活動と選挙のあり方は

生徒会活動は、学校教育の中では特別活動の中に位置づけられ、生徒達が自治的な活動を展開する場です。構成員は生徒全員ですが、その中から立候補と選挙により会長等の役員が数名選出され、当選した生徒達により執行部の働きが担当教員の指導のもとで展開され、その役員の生徒のリーダーシップのもとで各委員会や学校行事などの運営がなされます。また、最高決議機関として全校生徒による総会が開催されます。以上が一般的な形になっています。生徒会活動と選挙ということについては、生徒達が社会に進出し、実際に政治に関わる上での練習という機能も持ち合わせていますが、2015年に選挙権が20歳から18歳に引き下げられ、高校生が在学中に選挙を経験するケースが出てきたため、より社会的な面での教育ということが強調されてきています。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 学校の生徒会はなにをするか All rights reserved